PRODUCT 製品紹介

HOME > 製品 > スクリーン製版装置 > 感光乳剤塗布機(スタンダードタイプ)

スクリーン製版装置
感光乳剤塗布機(スタンダードタイプ)

感光乳剤塗布機
(スタンダードタイプ)

スクリーン印刷用製版機

乳剤厚
コントロール・
品質管理

10年間保証
乳剤厚コントロール・品質管理 スクリーン印刷用製版機 感光乳剤塗布機(スタンダードタイプ)

 

SRC-ST-0505(小型ダイキャスト枠、ステレンス紗向け)

最大枠外寸有効  550×550 手塗りステンレスバケット使用、専用機

SRC-ST-1112型(標準機)

最大枠外寸有効  1100×1200 機械専用バケット使用その他大型機
最大枠有効    W2500×H5000まで、各種製作いたします。

特徴

当社製コーティングマシンは、全機種堅牢な機械本体とサーボモーター駆動・タイミングベルトによるリニアガードレール走行、及びタッチパネル操作盤の構成からなり、他社製には見られない、均一な塗布膜面と機械寿命、操作性を具備しております。

機能特徴: P面・S面の区別無くセットでき、塗布が可能です。

版面の不純物付着の確認、塗布状況把握に役立ちます。

直感フィルム貼り付け用に利用できます。


本機を用いる事で手塗りに比べ、ミクロン単位の均一な乳剤膜を、スピーディーに形成できます
※ 当社独自のTTCL機構採用(トータルトレースコントロール機構)
 バケットの自動エアー圧力調整を、トータルにしかも、繰り返し均等にコントロールする機構

膜圧コントロールが容易 コート回数、コート方法で任意に可能

紗張りテンションのバラツキに影響されずに、塗布が可能

全ての設定変更が、ワンタッチで可能

どのようなコーティングにも対応できる、多機能設定可能

オプション

フラットスタート機構―版脱着時、バケットが邪魔にならず、版の取り外しが容易

膜圧コントロール機構―1度塗り比較で、30%~40%薄く塗布できる

手塗りステンバケットアタッチメント―手塗りバケット取り付け治具

仕様

型式 SRC-ST-1112型 標準機
最大版枠サイズ 1100×1200
塗布速度 0~7mmin
エアー供給圧 0.5MPa/cm2 30L/min
電源 単相AC100V 0.4kW 5A
本体寸法 W2200×H1900×D500(補助足装着時920)
重量 350Kg

スクリーン製版装置

スクリーン紗圧延機
紗張機
乳剤コーティング機・感光フィルム貼付け機
露光機
現像機・洗浄機
版乾燥機